突き刺さるような雨が

まるで胸の傷を癒すような

しとしと優しい雨に変わった

私を丸く包んで

下界から守ってくれる

愛はそこにあった

厚い土砂に埋もれて

見えなくなっただけで

本当はそこにあったんだ

「元気になって

ここにいるよ」

私に深く染み込ませようとする

もう私が

傷ついて泣くことのないように