どうしようもない気持ちが狂い咲き

良いも悪いもないのだけれど

そんな自分がちょっと嫌い

明日蕾をつけるかもしれない

生まれて間もない若葉が

そのまま枯れるかもしれない

そんな可能性だってある

ただ生きてみて流されてみて

辿り着いた場所は

案外オアシスかもしれない

なのに私は砂漠を好む

足掻いてもがいて

これが欲しかったのと

意地を張ってみせる

好きと言っても心がない

もう通り過ぎた嵐かもしれない