2012年08月

本当に孤独なのは君より私 本当に悪魔なのは君より私 本当に優しいのも君より私 不器用な君の涙は 私にはズルイ弓矢 私は君より少し生きる世界を諦めてるだけ 君より少し柔軟に折り合いをつけてるだけ 君の突き刺さるような思いは 私には立ち ...

あなたの指先から伝わるぬくもり 私の指先から体中を巡って 「淋しくないよ」を伝えようとする でも「所詮人は一人だ」とあなたは言った あなたが孤独を乗り越えたからそう言えるのか それとも本当の孤独を知らないからそう言えるのか 私にはわからない ...

このページのトップヘ