2011年03月

止まったままの時間 光を失くした曇り街 微笑み忘れた人の群れ 明日からどこを目指せばいい? 何を思えば救われる? ありのままじゃ悲しすぎるけど 奮い立たせる余力もありはしない 地を這うような日々の中に やっと見つけた夢はただ いつも ...

明日なんて来ないでと泣いた 誰も知らない小さな部屋で 1人は寂しいけどこんなに 自由な時間はない 心を掻き毟られて苛立った 親切の仮面をつけた君に 自己満足ならいっそ消えてよ そんなの優しさじゃない 止まない雨はないと言えど 終わりの ...

このページのトップヘ