2008年04月

来た来た。 生きてたくないー。 逃げたい逃げたい逃げたい逃げたい逃げたい逃げたい逃げたい逃げたい… ただただ逃げたい… 家も会社も私なんていらないだろうし、会社は私に代わるもっと適した誰かがいればいいと思うし 私も会社は嫌や… いまだにすさま ...

都会を離れて走る私鉄の 電車の窓から見える景色が好き 光 空の青 草木の緑 土の茶色 天気の良い日に ガラガラの電車に腰掛けて それらをうつらうつらしながら眺めるのが好き 都会を抜け出すと 時間の流れる早さが違うようで 私を縛るもの ...

人を恨むというほどではないが突発的に 死んじまえ〜! と思うことがあった 今までその人が怖かったのが 今日の一件で 死ねばいいのに… こいつさえいなきゃいいのに… と思った その瞬間私はどんな顔をしていたのだろう たぶん魂の抜けたようなぼ ...

何か楽しいことないかなぁ。 久しぶりに喉元まで詰まったような苦しさ。 困るよ、明日は会社なんだ。 まだこれからやらなくちゃいけないことがあるんだ。 来週越えたら少しまた忙しさは落ち着くんだ。 それまで、それまで。 でも忙しさが落ち着いたとこ ...

だるい… 睡眠はとっているのに。 今夜が面倒に感じられる。 早く家に帰りたい。 最近お腹が空かないのよ。 全然食べれるんだけど、空かないの。 食べるのも面倒だわ。 たまに頭の中と違う行動に出ることがある。 そこにいたのは私だけど私じゃない ...

このページのトップヘ