2007年01月

「壊れそうな私を分かってください。  言葉にできない私を。  誰にも話せない私を。」 口に出せないから、 体の中で燃えるだけ燃えるがいい。 この体に収まる限り今が保障される。 嫉妬に染まるくらいなら、 いっそ消えてしまえばいい。 ...

思考回路がもっと単純だったらいいのに こんなに 他人を憎むことも 自分を責めることも なかったでしょうに 天真爛漫に いつも太陽みたいに ぽかぽかしていたくても この複雑な思考回路がある限り 無理な話 ...

思い出にしたくなかった 君を忘れたくなかった 君が好きだった 君を思う私が好きだった だけど思い出にしなきゃいけなかった 強くないから 思い出にしないまま生きるなんて できやしないから いつの日か思い出になった 君を思う私はもうい ...

このページのトップヘ