どうもかたつむりです。

適当な言葉紡ぎ場です。

言葉遊びが好きなのです。

自分の人生のなかでかなり重要なもの。 人と人の間にあるもの、なんでも愛情だと思う。 家族愛とか友情とか恋愛感情とか、いろいろ言葉はあるけど、 種類はいろいろあるにせよ、要はその人が好きで大事だってことに代わりはないと思う。 でもって、今それがすご ...

来た来た。 生きてたくないー。 逃げたい逃げたい逃げたい逃げたい逃げたい逃げたい逃げたい逃げたい… ただただ逃げたい… 家も会社も私なんていらないだろうし、会社は私に代わるもっと適した誰かがいればいいと思うし 私も会社は嫌や… いまだにすさま ...

都会を離れて走る私鉄の 電車の窓から見える景色が好き 光 空の青 草木の緑 土の茶色 天気の良い日に ガラガラの電車に腰掛けて それらをうつらうつらしながら眺めるのが好き 都会を抜け出すと 時間の流れる早さが違うようで 私を縛るもの ...

人を恨むというほどではないが突発的に 死んじまえ〜! と思うことがあった 今までその人が怖かったのが 今日の一件で 死ねばいいのに… こいつさえいなきゃいいのに… と思った その瞬間私はどんな顔をしていたのだろう たぶん魂の抜けたようなぼ ...

何か楽しいことないかなぁ。 久しぶりに喉元まで詰まったような苦しさ。 困るよ、明日は会社なんだ。 まだこれからやらなくちゃいけないことがあるんだ。 来週越えたら少しまた忙しさは落ち着くんだ。 それまで、それまで。 でも忙しさが落ち着いたとこ ...

だるい… 睡眠はとっているのに。 今夜が面倒に感じられる。 早く家に帰りたい。 最近お腹が空かないのよ。 全然食べれるんだけど、空かないの。 食べるのも面倒だわ。 たまに頭の中と違う行動に出ることがある。 そこにいたのは私だけど私じゃない ...

ずっとそうなんだけどさ とうとう壊れました 自分の中で まだたいしたことない まだ大丈夫 って言い聞かせてたけど 朝とうとう起きられなかった… 前にもそういう日あったけどそんときは風邪だったし それなら仕方ないやと思えていたけど 今日は ...

なんで生きていなきゃいけないんだろう 誰もそんなこと願った覚えはない 私なんかいなくていいじゃないか 例え自分が正しかったとしても それでかえって生きにくいなら 生きていたくないよ あの空間にいると 私じゃなくて別の人の方が良いんだろうなと ...

私にはもったいないくらいの愛情が注がれている そう思った一日だった 生きることに疲れてしまうとそんなことにも気付けなくなるけれど 私は今日それを感じることができた なんてありがたいんだろう… なんてあったかいんだろう… 私は一年近くそんなあた ...

こんなにお天気の良い日は どこか遠くに行きたい だけどすぐ戻ってこられる場所がいい この地球の上なら どこに逃げたって構わないと君は言う 君の言葉は嘘がないから 本当にそう思っているのだろう 君がそう言うなら 本当にどこに逃げたっていい ...

傷つくために行くようなもんかもしれないよ? うん、それでもいい。 それでもいいから、この目でちゃんと見たいんだ。 切なくなっても泣きたくなっても、 その奥に嬉しさが残ること知ってるから。 嬉しさが残るかぎり、私は何度だって、傷つきに行ってしまう ...

心が不健康なときは無感動なもので、 去年の6月に自分で自分が怖いほどに収集がつかなくなった私は、 何かに感動するという感覚を忘れていたように思う。 空が青い、風が冷たい、アイスクリームが溶けそうだから早く食べなくちゃ、 そんな当たり前の感性が鈍る ...

少し中毒な彼女も 私を忘れた彼も 過去を切り離したいあの子も 思い出にとりつかれたあの人も 結局求めているのは 今のこの時を 楽しんで生きること そのために 向かうベクトルがそれぞれの方向に向かうだけ 私は向かうべき場所を見失って ...

実は土曜稲毛のサティで仕事してました。 4F。文化ホール。 うちの会社の子供用英検の二次試験。 たくさんの子供達に会いました。 超大変だけど、新宿のオフィスにいるより、良い。 普通に生きる人と会ってると、 ちょっと楽。 夜九時に紛失したことが ...

死を願う人は少数派だ 病んでるとか危ないとかそういう目で見られるだろう 私は心が貧しいのか生きていたくないとよく思う すなわち死にたいということかもしれない 弱い人間とか根性がないと思うなら思えばいい ここで吐く言葉なんて検討もつかないほど ...

ただ愛されたいだけ ただ愛したいだけ たったそれだけのことを いろんなことが邪魔をする もっと素直になれていたら 今は変わっていたかもしれない 私を助けてくれた人達を 憎まずに済んだかもしれない 傷つけたくないために わざと避けた ...

光が射しますように… ...

なんて悲しいんだろう なんて虚しいんだろう 私の体の中に有害な物質を駆け巡らせてるだけ 一人相撲じゃないか 周りも、相手も何も知らない 私の中だけでふつふつと煮えて 静まらない感情 憎むが故に たったひとつのことで 他を全部諦めている ...

楽になりたいな。 いろんなことから。 あの人から、 あの子から、 あいつから、 あのことから、 現在から、 有害なものを、 胸を苦しくさせるものを 取り除けたらいいのに。 風邪でもないのに 苦しくて咳をするのは もう嫌だわ。 ...

救われることを期待してしまった。 何かを機に、ぱっと変われるような。 でも物事はそんなに簡単じゃない。 そんなに簡単に救われるわけない。 そんな急に救ってくれる白馬に乗った王子様が出て来るようなお伽話の世界なわけじゃないし(笑) またふりだし。 ...

このページのトップヘ