どうもかたつむりです。

適当な言葉紡ぎ場です。

言葉遊びが好きなのです。

可愛い顔をして 裏に潜む悪魔を見た この世にいい人も悪い人もいないと言うけれど 紛れもなく悪い人の顔をしていた 怖いと思った 関わっちゃいけないと思った 私がその人を変えられる? 私にそんな力はない もう何度も歩いてきた道 いつも同じ場所で間違える いい ...

消えろ私の孤独感 消えろ私の寂しさ 消えろ私の悲しさ 消えろ私の欠乏感 何もないところに 何も求めるな 温かい場所求めて そこまで登っていけ 負けるな 負けるな 絶対に負けるな このまま堕ちていっては 駄目だ!!!!! ...

忘れなきゃ 忘れなきゃって思うことすら忘れなきゃ 何もなかった 初めから何もなかった 始まっても終わってもない ここは何もない 私は安全 とても安全 何も不安に思うことはない ...

君が呼んでくれるなら このありきたりな名前も 悪くないと思えた ...

私の心を守って 傷つかないように 何があっても 平気で歩けるように もう涙に濡れて 崩れ落ちないように ...

過去に押しつぶされそうになる 過去に殺されそうになる 過去に狂わされそうになる 私の居場所はどこにあって 私の幸せはどんな形なんだろう 何も見えない どこにも見えない ...

質問されたら返事しなさいよ 何様のつもり? あんたがそんなだから だれも近寄ってこないのよ ...

君は本当はどんな名前なの? 本当はどんな性格をしているの? どんなことに感動してどんなことに腹をたてるの? 君のこと聞かせてよ。 ...

バカにするな 一生懸命生きてる人をバカにするな お前が思っているようなバカ出ないことに気づけ むしろお前がバカであることに気づけ バカにするな ...

僕から手を放した 本当は好きだったのに 怖くなって手を離した 本当は寂しいのに どうしよう 今どうしようもなく どうしようもなく どうしようもなく 寂しい でも僕から手を放した 違うとわかったから 寂しいと愛しいは違う ...

私だけを見てくれた彼は もう別の人のもの ...

過ぎ去ってみれば全てが キラキラして見えるもので あんなに悩んだりしたのも 全部嘘だったみたい あなたがいた毎日はまるで あなたがいるから世界が 美しく見えていたかのような まるでまるで… だけどもうあなたには 新しい人がいるんだね それを知った今日は ...

笑顔の裏に何かある 私の中で危険信号が鳴る 流されるどころかむしろ冷静に 見てしまう 人って欲望をあらわにした時 こんな顔するんだ ...

君を見てるとね 胸の奥がざわざわして だけどどこか 心地よくて もっとずっと見ていたいと 思うんだ 君を抱きしめたときに ふわりと鼻をかすめる 君の香り 優しくて大好きで ずっとぎゅっと抱きしめて いたいんだ 君がいるだけで その存在だけで 明日も頑張ろ ...

この気持ちに名前をつけるとしたら なんだろうなぁ ...

私は心に蓋をします。 何も感じないように。 何も思わないように。 すべてを忘れるように。 この感覚を忘れるように。 ...

人はどうしてこんなにも 分かり合えないのだろう だからこそ わかりあえた時の奇跡を 喜び合うのだろうか ...

プロパーじゃなきゃダメですか? 信頼に値しませんか? 私のことを知ったら見下しますか? だとしても私はあなたより人生経験豊富で いろんなものを見てきた自信がある ...

さみしいよ 温もりが恋しいよ またギュッとしてほしいよ ...

ストレスがたまる。 出会わなかった方が楽だったかもしれない。 君の言うようなテンションじゃない。 君に私は理解出来ない。 君じゃ私の寂しさは埋められない。 さようなら。 ...

このページのトップヘ